フラッシュ暗算について

日本フラッシュ暗算協会のHPからです。

フラッシュ暗算とは、コンピュータの画面にフラッシュ式で出題される数字の問題を珠算式暗算を使って計算するものです。
最近ではテレビなどマスコミ関係にも多く紹介されるようになり、一般の方にも知られるようになりました。

一般的にはランダムに数字が出題され、それをただ計算するもののように思われていますが、本当のフラッシュ暗算は、20年以上の研究を重ね、そのデータを元にどのような問題が頭にイメージしやすいかを難易度別に分け出題させることができ、練習者の暗算力を育てることができるものです。

つまりフラッシュ暗算とは、初心者から上級者までの全ての練習者においての暗算力を上達させることのできる画期的なプログラムなのです。

珠算式暗算は、そろばんの玉をイメージ化して、頭の中に浮かべます。そして、それを実際のそろばんと同じように動かして計算をするのです。
この玉をイメージする場所は、右脳の後頭部のところにつくられます。

この場所は、子供の時にしかつくることができませんが、1度できると、その場所は生涯にわたって存在していつでも使うことができるのです。

筆算式暗算は左脳、珠算式暗算は右脳を使います。

今までの大脳生理学では、すべての計算は左脳で行われていると考えられていました。しかし、日本医科大学の品川教授の発見により、珠算式の暗算だけが右脳で計算していることがわかり、世界中の研究者を驚かせました。

筆算式の計算が、左脳を使っているのに対して、 珠算式の暗算は右脳を使っているのが良くわかります。
珠算式の暗算は、青い部分が一箇所で白い部分が多いのは、集中している状態を表しています。

 


ソロバンだけが右脳の後頭部を使い、珠算式暗算脳をつくり出しています。これは小さい頃(幼児~小3くらい)にしかつくることができないそうです。しかし、一度つくるとその場所は生涯にわたって存在し、いつでも使うことができるそうです。
ソロバンは、足し算や引き算の九九表を見ても良い、掛け算の九九表を見ても良い。何を見ても良いから、自分が必要な情報を探して、即、指を動かす。これが何よりも大切なのです。
数字を見て、徹底的に指を動かす。すると、指が覚えてくれるようになります。指が勝手に動き始めると、頭の中のソロバンの珠が動き始めます。頭の中のソロバンの珠が動き始めると、『珠算式暗算の脳』が形成されていくのです。これができれば、瞬時に計算ができるようになります。

<珠算式暗算脳のイメージ>
そして右脳が開発され、左脳への刺激がもたらされます。モーツァルト、レオナルド・ダ・ビィンチをはじめとした多くの芸術家、または相対性理論で有名なアインシュタインも右脳の能力が、ずば抜けていたといわれています。
さて、当教室ではフラッシュ暗算も行いますが、そろばんの50分授業にプラスする形で行います。10分~15分です。その分、別料金をいただくことになります。

週2回で月額1,200円を追加することになります。月6回で月額1,000円になります。